中耳炎症状

スポンサードリンク

中耳炎の症状

中耳炎の症状は、子供の80%は自覚症状がないと言われます。

 

成長段階の子供は耳管が未発達で十分に長さがないため、細菌などが侵入しやすいと言われています。

 

そのため中耳炎になりやすく、風邪のあとや風邪の一環として中耳炎になっていることがよくあります。

 

急性中耳炎の時は、耳が痛いので、耳の痛みがあったり、頭を振るなどの素振りがあれば中耳炎を疑い、受診しましょう。

 

小児科や耳鼻科でのチェックを受けるとすぐに診断がつきますのでまずは受診することが重要です。滲出性中耳炎ですと痛みがほとんどなく気づきにくいです。

 

子供が何度も言ったことを聞き返したり、呼びかけてもなかなか返事をしないなどという場合は疑った方が良さそうです。あとは、耳鳴りがしたりぼーっとしたりという症状もあります。

 

子供の場合は発熱を伴うこともありますので、発熱したら耳もみてもらう習慣をつけるのが良いと言えます。

 

大人の場合は発熱はほとんどありませんが、耳の違和感があるときは診てもらうとよいでしょう。

 

また、耳を良く触る、怒りっぽい、言葉をなかなか覚えないということで気づくケースもあるようです。

 

いずれにしても痛くない場合でも何らかの違和感が行動となって現れる場合がほとんどですので、ほんのちょっとした変化にも気を配っておく必要があると言えます。

 

落ち着きがないということが中耳炎から来ていたということもあるようです。

 

大人の場合は耳鳴りがしたり耳が痛かったり頭が重い、肩こりがあるなど色々症状が自分で敏感に感じられると思うので、違和感がある場合は診察を受けて医師に判断してもらうと良いでしょう。

 

いずれにしても早めの診断と治療が肝心です。長引くと治療も大変になります。

スポンサードリンク

更新履歴